手紙社オンラインショップ

成城・城田工房




手紙社が主催するイベント・東京蚤の市やもみじ市で、私たちが見ずにはいられないもの。それは、ぐるぐると巻いた渦巻き型のソーセージ。通称「うずまきちゃん」。「見ずにはいられない」というのは、ブースのテントに掲げられた巨大なうずまきちゃんがあるから……ではなくて、誰も彼も、通り過ぎる多くの人たちの幸せそうな笑顔の手元には、うずまきちゃんがあるからだ。つねに大行列のテントの先で、顔を火照らせながらも真剣にうずまきちゃんを焼く男性こそ、成城・城田工房店主、城田豊仁さん。「安心・安全・おいしい」をモットーに、信頼できる素材を丁寧に加工した、布巻きハムやソーセージを作り続けている。ユーモラスで、ちょっと控えめ。そして物作りに対して、どこまでも真剣で誠実。「手を抜かずに、お客さんを裏切らないようにきちんと作っていれば、味はぜったいに裏切らない」。そんな言葉をまっすぐに語れる人は、きっとあまり多くない。けれど彼の作ったソーセージを口にしたなら、その言葉が真実であることを確信することだろう。

▶︎成城・城田工房の商品づくりについては、こちらのもみじ市の記事もぜひ併せてお楽しみください

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

1商品中 1-1商品

ジャンルから探す

作り手から探す

コンテンツ

ホームへ戻る
ジャンルから探す
作り手から探す
ショップについて
よくあるお問い合わせ Q&A
アカウント
instagram