手紙社オンラインショップ
【再入荷/ブローチ博&アクセサリーパーティ】100年先も、誰かの耳元を彩ると信じて
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
ご購入の前に スクロールして商品詳細をご確認ください
販売価格
12,000円(税抜)〜12,000円(税抜)
アイテム
数量

いつか「伝統」となる一品を、紡ぐ


みなさんは刺繍のアクセサリー、お持ちですか? 私はというと、耳飾りが4つあります。改めて見てみると、すべてayumiさんの刺繍が施されたものでした。

刺繍作家のayumiさんに初めてお会いしたのは、2年前。当時彼女は布花作家のMAHOさんと2人で『nuit』というユニットで活動していて、私がかつて担当していた手紙社のイベント「布博」にも出展していただきました(昨年夏にnuitとしての活動を終え、現在個人として精力的に作品を発表しています)。布博自体への関わりは実は彼女たちの方がずっと先輩で、手紙社にとっても古くからおつきあいのある大切な作り手のひとりです。お会いすると三重弁が可愛らしいayumiさんですが、制作のお話となると、言葉に力強さが宿ってきます。

「現代の甘くファンシーな刺繍にはあまり興味がないんです」と語るayumiさん。彼女の教科書は、ヴィンテージのドレス。長い時間をかけて受け継がれていくような、一過性で終わらない作品を、自らの手で生み出したいのだと話してくれました。母から子へ、子から孫へ、一家の伝統となるような一品を。実際、私がもう4年近く愛用しているイヤリングも、真っ白な刺繍糸が少しずつくすんできて、まるでアンティークのような風合いに。耳飾りは、肌に触れるもの。布のアクセサリーは寿命が短いと思われがちですが、そうではないと教えてくれたのがayumiさんのアクセサリーだったのです。


紫陽花とユーカリ、フッキソウ をモチーフにした耳飾り。彼女がモチーフに選ぶ「植物の造形」こそ、時代を超えて愛される美しさの代表格とも呼べるのではないでしょうか

大ぶりで華やかながらも、シンプルな洋服にもそっと馴染む


「刺繍には心惹かれるけれど、身につけるとどうしても甘くなってしまって……」と悩んでいる方にも、ぜひ手に取ってほしい。落ち着いた色彩、上質な素材選び、線の細いデザイン……。細かな気配りで、上品な華やぎを与えてくれるのです。


紫陽花の花とユーカリの生地は1点ごとに手染めのものを使用。梅雨に私たちの心を晴れやかにしてくれる紫陽花のグラデーションのよう


10年後も記憶に残る1日にも、なんでもない1日でも


日本では「結婚式」というと「どこの式場に頼むか」を考えてしまいますが、ayumiさんの留学先でもあるアメリカでは、どのフローリストでお花を買うか、どのデザイナーのドレスを買うか、全て自分次第。プランナーと共にひとつひとつを自ら選択し、オーガナイズしていくことが主流なのだそう。ayumiさんがモデルとするのも、そんな自由な結婚式。長く受け継がれてきたヴィンテージのドレスに似合う、永く愛されるウェディングアイテムを制作しています。

そして、ayumiさんの作るアクセサリーは「特別な1日のための思い出の一品」では終わりません。その後も耳飾りとして、ブローチとして、普段使いをしていけるように。式典のその後もイメージしながら制作をしているんです。今回の『紫陽花、ユーカリ、フッキソウのドライブーケ』も、片耳にまとめてつければ華やかなパーティーシーンの装いに、両耳に分けて身につけたり、パーツを組み替えれば日常づかいに。様々なシーンに対応してくれるように考えられています。その他にも、手持ちのアクセサリーとの重ね付けも推奨していたりと、手にする人によって、身に着けるTPOによって、幅広い楽しみ方を提供してくれます。まさに「永く愛されるものづくり」を目指すayumiさんならではのアイディアですよね。


2つの耳飾りを片耳にまとめてつければ、一気に顔まわりが華やかに

「器用な方は、ぜひお好みでパーツを組み替えてみてほしい」というayumiさん。ラジオペンチが一つあれば、簡単に付け替えができるんです。3つのパーツからなる耳飾り、組み合わせによってガラリと印象が変わります

紫陽花を外せば、グッと落ち着いた印象に。コーディネートの幅が広がります


悩み抜いて選ばれた、色と形


『紫陽花、ユーカリ、フッキソウのドライブーケ』実は「手紙社オンラインショップ」のためだけにオリジナルでデザインしていただいたものなんです。どんな花がいいのか、どんな方に向けて作るのか。様々な相談を重ねて選ばれたのが、この紫陽花、ユーカリ、フッキソウ を組み合わせた耳飾り。普段からオーダーでウェディングアイテムを作っていることもあってか、こちらのイメージも真摯に耳を傾けて仕上げてくれました。完成品が届いて、箱を開ける瞬間を思い出すと、今でも胸の高鳴りが思い出せるよう。そうそう、空押しが施された箱と、ヒノキを薄く削ったリボンが敷き詰められたパッケージが素敵なので、ギフトにもぴったりなんです。


針と糸のシルエットと、ayumiさんの名前が空押しされた上品な紙箱。添えられた淡色のブランドカードには、日本伝統の刺し子の図案が白でプリントされています。色を抑えて質感で魅せる、なんとも品の良いパッケージに胸をぎゅっと掴まれます


片耳で、両耳で、モチーフを付け替えて。バリエーション豊かな楽しみ方を提供してくれる、ayumiのアクセサリー。ハレの日にもケの日にも、すっと溶け込み、装いを引き立ててくれる。メルヘンの世界ではなく、クラシカルな伝統に心惹かれて生み出された彼女の刺繍と共に、これからの人生を歩んでみませんか。

(文章:本間火詩 / 写真:柳川夏子)





ayumi「紫陽花、ユーカリ、フッキソウのドライブーケ」



商品一覧



紫陽花、ユーカリ、フッキソウのドライブーケ(イヤリング) 12,000円(税抜)

イヤリングの金具はメッキを使用しています。



紫陽花、ユーカリ、フッキソウのドライブーケ(ピアス) 12,000円(税抜)
ピアスの金具はチタンを使用しています。




染糸を使用しているため、1点ごとに紫陽花の色が異なります

オリジナルボックスに入れてお届けいたします





ご購入の前に


・染色した布と糸を使用しておりますので、1点ことに風合いが異なります。また、水に濡れてしまうと色落ちする場合がございますので、ご注意ください。

・1点1点手作業で制作しておりますので、サイズ、色味など写真と異なる場合がございます。

・撮影時の作品から、イヤリング金具が変更となりました。一部金色のイヤリング金具が写っているイメージ写真がございますが、実際のお届けは全て、カート上部の商品写真に写っている古金色のネジ式の金具となります。

・モチーフの芯には針金が入っています。ユーカリや紫陽花など、自由に角度を変えてアレンジをお楽しみください。

・耳飾りは全てヒノキのリボンを敷き詰めたクッションに乗せ、ayumiオリジナルの紙箱に入れた状態でお届けいたします

・こちらの商品はネコポス対象外・宅急便でのお届けとなります。



商品情報


【素材】
染糸、染め布、チタン(ピアス)、メッキ(イヤリング)


【寸法】
紫陽花のみ w1.9~2.2cm×h3cm / 1g未満
ユーカリ:w2.8~3.2cm×h7cm
フッキソウ:w1.3cm×h3.5cm
紫陽花:w3.5cm×h4.1cm / 合計約1g



ジャンルから探す

作り手から探す

コンテンツ

ホームへ戻る
ジャンルから探す
作り手から探す
ショップについて
よくあるお問い合わせ Q&A
アカウント
instagram