手紙社オンラインショップ

手紙社オンラインショップ

世界中のめがねさんに捧げたい絵本

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
ご購入の前に スクロールして商品詳細をご確認ください
販売価格
300円(税抜)〜1,500円(税抜)
アイテム
数量










めがねこと世界中のめがねさんへの手紙


めがねこは、めがねをかけたネコ。森のなかにあるめがね屋の店主で、絵本作家・イラストレーターの柴田ケイコさんが作った絵本の主人公です。

『おいしそうなしろくま』(PHP研究所)、『ぽめちゃん』(白泉社)、『おにゃけ』(パイ インターナショナル)などの絵本を次々と生み出し、今をときめく絵本作家の柴田さん。2016年に初めて手がけた絵本が、手紙社から出版された『めがねこ』です。

手紙社の雑貨店、そして「紙もの」の始まりは、柴田ケイコにあり。そう言っても過言ではない歴史が、手紙社と柴田さんにはあります。柴田さんが自分の絵を用いて作ったメモ帳を手紙社のお店で取り扱ったところ、とても評判がよく、「こういう商品を取り扱うのは楽しいし、自分たちに向いているかもしれない」と思うようになりました。手紙舎調布PARCO店や「紙ものまつり」といったイベントの誕生のきっかけにもなったのです。

そんな、自分たちにとって特別な作家である柴田さんが「実は絵本を作ってみたくて……」と最初に話を持ちかけてくれたのは光栄なことで、すぐに実現に向けて、物語を作るところから一緒に取り組んでいきました。

第1作『めがねこ』では、ネコのめがね専門のめがねこのお店に、ねずみ3兄弟が現れます。めがねを盗んで逃げようするところをあわてて捕まえて理由を聞くところから展開していくストーリー。

第2作『めがねこのぼうけん』では、ねずみ3兄弟が大きな手紙を持ってきます。そこには作ったこともない巨大なめがねを作って届けてほしいという「もりの3ちょうめのぬし」からの依頼があり、一体どんな生き物だろうと想像しながら旅する冒険物語。

この2冊の編集に参加した自分が、どうすればめがねことそのグッズの魅力を伝えられるだろうかと思いを巡らして、作者である柴田ケイコさんにめがねこ愛を綴った“公開ラブレター”を送ることにしました。

めがねこが生まれたきっかけを振り返りつつ、ぼくのまわりのめがねさんにも愛されるめがねこグッズのこと、メッセージに思いを込めてお伝えします。

-----

柴田ケイコさま

変わらずお元気でしょうか。ラーメンをたべると、めがねがくもりがちな季節もそろそろ終わりですね。絵本を作っていたころは毎日のように連絡を交わしていましたが、それもなくなりさびしく思う今日この頃です。この場をお借りして、あらためて柴田さんとめがねこに向けてお手紙を書きたいと思います。



絵本『めがねこ』の始まりは、柴田さんから聞いた息子さんのエピソードだったこと、今でもよく覚えています。目が弱いものの、まわりの子がしていないめがねをかけるのがわずらわしく、かっこわるいものだといやがっていたという話。絵本を通して、ほかのお子さんたちにも「めがねって、かっこいいんだよ」と伝えられたら、という願いがきっかけでした。めがねのお店「JINS」さんの待合室にも絵本が置かれて、ボロボロになるまでお子さんたちが熱心に読んでくれていると聞くと、しっかり届いているんだとうれしくなりました。



めがねこは不細工で無愛想なおじさんみたいだけど、思いやりにあふれたネコ。そのギャップがたまりません。第1作『めがねこ』、第2作『めがねこのぼうけん』ともに、めがねがなくて困っている動物たちが次々と現れますが、大好きなのは機転を利かせて問題を解決していくシーン。次はどんなメガネが出てくるのかワクワクして、大人のぼくも晴れやかな気持ちになるのです。楽しく描かれた背景も動物もカラフルで明るく、そのエネルギーが心へまっすぐ届くのでしょう。めがねこ以外だと、ぼくのお気に入りのキャラクターは「ねずみ3兄弟」です!



子ども用グラスとしてもいいサイズのワンカップグラス。友人からもらって、ぼくは日本酒のグラスに使っています


グッズになっためがねこも、あちこちで絵本のストーリーのように活躍しているようです。近しい家族が使ってくれている写真、もう少し送りますね。



ランチトートバッグは、お弁当入れやちょっとしたお出かけに。「お父さんにそっくり!」とプレゼントしていた知人もいました




重ねてスペースを取らないスタッキングプラマグ。歯ブラシ入れにしている友人も。ちゃんと歯を磨いたか、めがねこが目を光らせているみたいですね




デスクまわりで活用できる、ふせんロールやマスキングテープ。ふせんは気を張りがちな職場で使うと和むので、まわりにオススメしています


ぼくがよく使っているのは、LINEスタンプ。めがねを外してほっこりお茶を飲んでいたりと、絵本のなかではなかなか見せなかった愛嬌のある表情に癒されています。



「OK」「おやすみ」といった使いやすいものもあれば、「(老眼)」などユーモアあるスタンプもたっぷりな全40種類。バリエーションがうれしいです
*LINEスタンプはこちらからご覧いただけます:https://store.line.me/stickershop/product/9358589


「手紙社オンラインショップ」をご覧になっているめがねさんたちの手元にも、これからめがねこがテクテクと出かけていく様子を想像すると楽しくなります。めがねはかける人の個性であり、その人が暮らしやすいように手助けする道具。めがねこグッズも、そんなアイテムとして活躍してくれるといいですね。

そして続きの絵本があれば、どんな物語になるのか気になっています。できたら、また柴田さんとめがねこの冒険に付き合わせてください。

めがねこと、あなたの一番のファンより




(文章:柿本康治 / 写真:小林駿平、鳥田千春、柳川夏子)





柴田ケイコ「めがねこシリーズ」



商品一覧



絵本『めがねこ』 1200円(税抜)







絵本『めがねこのぼうけん』 1300円(税抜)




マスキングテープ 450円(税抜)


ロールふせん 680円(税抜)


A5クリアファイル 300円(税抜)


ランチバッグ 1500円(税抜)


ミニタオル 900円(税抜)


手ぬぐい 1300円(税抜)


ワンカップグラス 850円(税抜)


スタッキングプラマグ 1200円(税抜)



キーホルダー 950円(税抜)




ご購入の前に



・絵本・マスキングテープ・クリアファイル・ミニタオル・手ぬぐい、キーホルダーはクリックポストでの配達が可能です。


商品情報


【素材】
絵本:ハードカバー
マスキングテープ:和紙
ロールふせん:特注ふせん用紙
A5クリアファイル:PP
ランチバッグ:綿100%(帆布)
ミニタオル:綿100% /今治製
手ぬぐい:綿100%
ワンカップグラス:ソーダガラス
スタッキングプラマグ:AS樹脂
キーホルダー:本体素材 : 亜鉛合金 / パーツ素材 : 鉄

【寸法】
絵本『めがねこ』『めがねこのぼうけん』w215mm×h315mm×d10mm
マスキングテープ:φ43mm / w20mm /7m巻き
ロールふせん:φ57mm / w38mm /6柄入り
A5クリアファイル:w155mm×d220mm
ランチバッグ:w300mm×h300mm(持ち手含む)×d100mm
ミニタオル:w200mm×h200mm
手ぬぐい:w350mm×h900mm
ワンカップグラス:φ60×h100mm
スタッキングプラマグ:φ83mm h94mm
キーホルダー:w20mm h51mm d2mm


【調理機器】
<ワンカップグラス>
食洗器:NG
電子レンジ:NG

<スタッキングプラマグ>
食洗器:NG
電子レンジ:NG
ホームへ戻る
ジャンルから探す
作り手から探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント